日本電気サービスの事業概要とは

インフラコストの削減はお任せ!

インフラコストの削減にはプロの目でチェックを

日々のコストを削減する際に日本電気サービスがおすすめできる点は完全成果報酬型のサービス提供である事です。そのため削減できたコストから報酬を支払う事ができ、お客様の負担が少なくて済むからです。一度コストを削減してしまえば状況が変わらない限り削減効果は続きますので大変お得です。

日本電気サービスの利点は完全成果報酬型である事

電気代などのインフラコストは自社で削減を呼び掛けても、あまり成果に結びつかないという会社がほとんどではないでしょうか。企業の中には無駄を削減しようとするあまりに社員の士気が落ちてしまって逆効果になってしまうという事例も時々聞かれます。この経費が必要か必要でないかという判断は企業の内部にいると中々判断がしづらいのです。

特に経営者や管理職と雇われている従業員では視点や目的意識に違いがあるため、どうしてもギャップが生まれてしまうのです。そのため何かにつけて「コスト削減」と意識付けをしようとしても、当の従業員側にはやる気が感じられないという結果に終わったりします。その一番の原因は従業員は基本的に会社のコストが削減されてもメリットが無いからです。

かといってインセンティブなどでコスト削減を促しても、必要不可欠な部分のコストまで無理に削ってしまって逆効果になったりしますので難しい問題なのです。そんな時に頼りになるのが外部からの提案です。外部の人間は社内のしがらみなどが無いので必要な部分と不要な部分を冷静に見分ける事が出来るのです。上がいくら音頭を取ってもコストが減らない場合、外部から必要なコストかどうかを判断してもらうのも一つの手段になります。

コスト削減は全企業で頭を悩ます問題です。最適なコストを見つけ出す事は自分たちだけでは限界があるのです。社員一人一人が違う考えを持っている以上、どうしてもある人間には不要に見えるコストが他の人間には必要な物に見えたりするので、コスト削減には外部の視点で見てもらうと判断が付きやすくなります。

トータルサポートで全部お任せ

日本電気サービスではコスト削減を行う際にはトータルサポートで機器の切り替えなどを全部自社で行いますので、切り替え作業のために自社の従業員の時間を使う事がありません。最もコストが掛かる人件費の負担をせずに機器の切り替えが出来るので余計なコストが掛かりません。

社内だけではコスト削減が難しい

社内の人間だけでコスト削減が難しい理由は社員一人一人の立場や考え方、主義主張がバラバラだからです。これは全社員の意識を統一させることは事実上不可能な事なので、どうしても解決できない問題です。そうした社内の立場の違う人間同士でコスト削減を行おうとするとその方針に不満を持つ人間が必ず発生します。

TOPへ戻る