インフラコストの削減はお任せ!

社内だけではコスト削減が難しい

コスト削減にはどうしても反発がある

コストには既得権益が発生する事はご存知でしょうか。簡単に言ってしまえば今まで自由に使えていたものが、使用を規制されると人間は不満を覚えます。いくら会社のためという大義名分があってもそうした「権利」を侵害されたと感じた社員はその決定をした人間に対して不満を持ってしまうのです。これが社内でコスト削減を行う際にとても大きな問題になります。

場合によっては職場の雰囲気がとてもギスギスしたものになってしまい、業務に影響が出る事も考えられます。正論ではそうした不満を持つ社員が悪いです。しかしながら人間の心は正論だけでは納得がいかないものなのです。こうした不満をそらす先のガス抜き要員として外部の人間は最適なのです。

経営者に悪感情が行かないようにする

居酒屋などに行くとよく上司や経営者の不満を言っているサラリーマンの声が聞こえてきます。酒の席で不満を言う程度ならガス抜きとしてちょうど良いのですが、不満が悪化すると業務態度が悪くなったり、不正行為の原因になったりして問題となります。企業の経営者はどうしても厳しい事も言わなければいけないので、社員の不満を受けやすい立場にいます。

そんな事は気にしないという経営者の方もいらっしゃるでしょうが、不満が溜まりすぎると上記のように企業経営に悪影響が出てしまいます。経営者は不要な不満を社員に抱かせない方が賢明なのです。コスト削減では不満をそらす先として外部の人間を使えば、自分が悪役にならずにコスト削減が出来るので、企業経営の観点からとても望ましいのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る